人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

夏太りを解消するには?

 
夏痩せどころか夏太り!夏太りを解消するには?

冬場より基礎代謝が落ちる夏場。暑いからといって食べるアイスクリームや、夏はいつもよりおいしく感じるビールも、実は高カロリー。
外は確かに暑いけれど、冷房が効いた屋内にいることが多く、汗をかきにくい私たちは、夏痩せどころか夏太りしやすい傾向にあります。

最近涼しくなってきて、秋の気配を感じますが、この夏の夏太りに頭を悩ませている人も多いはず。夏太りが解消しないまま、食欲の秋へ突入するのも、夏太りを繰り返すのも嫌ですよね。
そこで、夏太りを繰り返さない為に、夏に太る理由と対処法をまとめてみました。

【夏に太る理由】
・夏場は冬場より基礎代謝が低い(暑い夏は、気温と体温の差が少ないので、体温を上げる為に、冬場ほどエネルギーを必要としないため)

・暑い日が続くと、さっぱりとした冷やし中華や、喉越しの良いそうめん。冷たくて美味しいアイスクリームに、冷えたビールなど、とても美味しいのですが、麺類の炭水化物(分解されて糖質に)、アイスクリームの脂肪分+糖分など、糖質と脂質を多く含むものが意外と多く、気づかないうちにカロリーオーバーしている場合が多いのです。

・暑いので、冷房の効いた室内で過ごし、あまり動かなくなる。(カロリーはしっかり摂っているのに、基礎代謝は低い、運動しない。のでは夏太り一直線です。)

【夏太りしない為には】
・暑いので、エネルギーを消耗しているように感じがちですが、基礎代謝が落ちている季節と言うことを忘れない。

・夏場よく食べるものには、高カロリーなものも多いので、カロリーオーバーにならないように、気をつける。(一度、自分が一日に食べた物の総カロリーを出すとショック療法のようにハッとする場合もあるのでお試しを)。また、アイスクリームよりカキ氷、ビールより低カロリーな発泡酒など、毎日のように摂るものにこそ、気をつけるのもいい方法です。(週に1度はアイスクリームで。の様にメリハリをつけると、いいですよ。)

・気温の上昇が激しい日中は避け、涼しい早朝や夕方以降にウォーキングをしたり、プールで泳いだりと、積極的に身体を動かしましょう。学校が夏休みなので、家族でウォーキングしてみるのも、夏のいい想い出になるかもしれません。

夏太りしてしまったら、早急に落としたい気持ちになりますが、急に食事を減らしたり、いきなり運動に必死になるのは、身体を壊す原因に。

まずは夏場、偏りがちだった食生活を見直して、全体の食事量を低カロリーに抑えること。ウォーキング等の有酸素運動から始め、徐々に運動量を増やすこと。
夏場の2ヶ月で太ってしまったのなら、同じく2ヶ月かけて、落とす気持ちで始めましょう。

そして来年は夏太りとサヨナラ出来るように、「夏場は太りやすい」ということを忘れずにいましょうね。(ダイエット通信)


 夏バテ気味の人は急に食事の量を減らすと更に体調を崩してしまうので、しっかり食べて栄養を補給しましょう。ただし脂肪の多いものはやや控えめにして、お肉や魚、豆類などのタンパク質を積極的に摂るように心掛けてください。タンパク質は脂質の代謝を促してくれるので、カロリーが高いからと避けようとせず、しっかり食べてくださいね。

 基礎代謝を上げるには有酸素運動がいいのですが、夏の疲れが残っているときは辛いものです。ゆったりとリラックスしながら心地良い程度のストレッチや体操などで、動きの悪くなったカラダを解してあげてください。それだけで本来の基礎代謝量に戻れますよ!


【関連ページ】人気ランキングup2.gif
あなたはどちら?夏太り体質or夏痩せ体質
アイスを食べても太らない方法
ダイエット効果を上げる基礎代謝
太る1日VS太らない1日


ランキングへの応援クリックもお願いします^^
↓       ↓      ↓  
【人気ダイエット】 【ダイエットブログ村】 【FC2ダイエット】
Ranking | 最新ニュース:ダイエット法| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。