人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

正しい生活習慣でダラダラな毎日から脱出!

 
早起きから基礎体温、家計簿まで――正しい生活習慣でダラダラな毎日から脱出!

きちんとした生活を送れば、時間も心もゆとりあるものに。勉強やダイエットも、毎日の生活リズムが整ってこそ続けられる。今日からできる「ダラダラ生活脱出法」、教えます。

■楽しい目標を持つことが早起きへの第一歩

正しい生活習慣読者アンケートによると「正しい生活習慣が身に付かない」と悩む日経WOMAN読者は32%(複数回答)。なかでも多いのは、「朝早く起きるクセをつけて、ゆとりある毎日を送りたい」(26歳・神奈川県・人材・事務)という声だ。ここでは主に、早起きを習慣にする方法についてみていこう。
「朝早く起きれば1日の計画が前倒しに進むので、勉強やダイエットのための時間も作りやすい。様々なことを続けるための環境が整います」と話すのは、エッセイストの金子由紀子さん。睡眠に詳しい医学博士の坪田聡さんも、「朝は夜の6倍効率が上がる、つまり朝の10分は夜の1時間に匹敵するというデータがあります」と話す。朝を上手に使えるようになれば、様々な面で良い影響がありそうだ。

 早起きを習慣化するために大切なのは、「朝は楽しい、というイメージを持つこと」(金子さん)。目覚まし時計の代わりに好きな音楽をかけたり、朝食後にとっておきのデザートを用意するなど、目覚めるのが楽しくなる工夫をしよう。「生活を一気に変えるのは大変なので、起床時刻を1日5分ずつ早めていくなどして、少しずつ慣れていって」(金子さん)。
 坪田さんは、早起きの目的を具体的に書き出し、実際の起床時間を記録して朝のスケジューリングまで行う“早起きコーチング”をすすめる(次のページ参照)。「まずは何のために早起きするのか、よく考えましょう。『朝に英語を勉強して海外留学し、外国人の友達をたくさん作りたい』など、ワクワクするような目標が見つかればモチベーションが高まります」(坪田さん)。


「早起きコーチング」で
目指せ!朝型生活

早起き体質になるためには、無理のない現実的な計画を立てることが大切。ノートに早起きの目標や計画を書き、達成までの道のりを把握しながら、少しずつ朝型にシフトしていこう。

@早起きの目的を決める
まずは、何のために早起きするのか考えてみて。「ポイントは、楽しい目的を見つけること。例えば、朝に英語を勉強したいなら、その先に『海外に住む』『国際結婚をする』などの夢があるはず。ポジティブな目標がやる気につながります」(坪田さん)。
目的


A具体的な計画を立てる
目標が見えたら、具体的に何時に起きるのかを決めよう。ただし、いきなり早く起きるのは難しい。最初の1週間は今より少しだけ早く起きることを目指して。いつから目標の時刻に起きるのかを決めておき、少しずつ慣れていこう。
計画


B実践してみる
(2)の計画に基づいて、少しずつ早起きにチャレンジ。まずは1週間、予定した時刻に起きられたか、目覚めてすぐ布団から出られたかなどを記録してみよう。予定時刻に起きられなくても大丈夫。1日のうちの空いた時間に振り返ってみて。
実践


C朝のスケジュール帳をつける
早起きに慣れてきたら、身支度の時間なども含めた、朝のスケジュール帳を作ろう。ポイントは、コーヒーを沸かす間に顔を洗うなど、効率化して、自分のために使う時間を増やすこと。ここまでくれば、密度の濃い朝時間を得られるはず。
スケジュール


今日からできる!
朝スッキリ目覚め術


■お気に入りのCDを日替わりでかける
好きな音楽で起きるのは、気持ちがいいもの。毎日同じ音楽では飽きてくるので、お気に入りのCDを7枚用意して、日替わりでタイマー予約しておこう。元気良く目覚めたいならアップテンポの曲、上質な気分になりたいならクラシックなど、気分に合わせて選んで。

■アロマテラピーで気分をリフレッシュ
やる気の出ない朝は、脳を活性化させるミントやレモン、ローズマリーなどの香りでリフレッシュ。「枕元にアロマの瓶を置いて眠れば、起きてすぐ香りを吸い込めます。浴室の床にアロマオイルを2〜3滴垂らして、アロマシャワーを浴びるのも効果的」(坪田さん)。

■ベッドの中でストレッチ
低血圧や低体温でなかなか起きられない人は、布団の中でゆっくりと運動し、血液の巡りを良くしよう。仰向けのまま膝を片方ずつ抱え込むなど、簡単なストレッチをしてみて。「胸の前で組んだ両手を引っ張り合うのも、血圧・体温上昇に効果があります」(坪田さん)。

■とっておきの朝ドリンク、朝デザートを用意する
「目覚めたときの楽しみがあれば、苦手意識を克服できるはず」(金子さん)。例えば、とっておきのドリンクやデザートを朝食に用意してみよう。「お気に入りの写真集を朝に眺めるのもいい。朝は楽しい!というイメージを作ることが大切です」(金子さん)。

■朝の光を浴びて体内時計をリセット
目覚めたらすぐにカーテンを開けて、光を浴びよう。「人の体内時計は25時間ですが、朝の光を浴びることでリセットされます。日中はより活動的になり、夜は自然な眠りが得られます」(坪田さん)。目覚めが悪い人は、カーテンを少し開けたまま寝るという手も。

■エアコン活用!適温で眠り、目覚めよう
寝室の温度は「夏は25〜28度、冬は12〜15度が最適」(坪田さん)。寝る30分〜1時間前からエアコンで調節しておこう。朝は、起床時刻の約30分前にスイッチが入るよう予約を。夏の暑い朝も、あらかじめ部屋を涼しくしておけば、起きたときの気分がスッキリ。

■テレビやネットは眠る1時間前までに
「チカチカした光を寝る1時間前に見ると、寝つきが悪くなったり、熟睡感が得られなくなるといわれています」(坪田さん)。翌朝スッキリ目覚めるために、テレビやネットは寝る1時間前には終わらせよう。「ダラダラ見ずに時間を決めて楽しんで」(金子さん)。
(日経WOMAN)


 いつも元気な職場のあの子、その秘密は規則正しい生活を自然とおこなっているからだった。

 ただ単に規則正しい生活を送ればいいのではなく、どれだけ生活を楽しめるか、充実した毎日を送れているかが重要ではないでしょうか。日々ダイエットに追われ、仕事に追われ、あれやこれやと考え込んでしまうことばかりの毎日では、身も心もグッタリです。

 仕事もダイエットも私生活も楽しんでやりましょう!

 人生は1回しかないんですから^^


【関連ページ】人気ランキングup2.gif
体内時計の変化が病的疲労をもたらす
肥満は家族や友人間で“伝染”する
親のストレスが子どもの肥満に影響
美味しく食べて能力アップ…食事制限もほどほどに
「大食い」は遺伝? 脳内物質の量が影響


ランキングへの応援クリックもお願いします^^
↓        ↓       ↓  
【人気ダイエット】 【ダイエットブログ村】 【FC2ダイエット】
キーワード検索: ダイエット 健康
Ranking | 最新ニュース:健康・医療| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。