人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

痩せの大食い体質には、なれないの?

 
ギャル曽根の大食いhappy道 努力して体系維持している人とは別に、カロリーを気にせず健康で大食い。なのに、太らない体質の人は、ダイエットに苦労している人から見ると何とも羨ましい話ですよね。痩せの大食い体質になることは、できないのでしょうか?

そこで、好きなものを気にしないで食べ、太らない体質のメカニズムと、痩せの大食い体質に近づけるヒントを探ってきました。

参考にしたのはギャル曽根ちゃん。大食いだけど、本当に美味しそうに味わって食べ、見苦しさがない。と人気の彼女ですが、尋常じゃない量を食べるので「後で吐いているのでは?」という噂も流れました。そこで、一時期盛んだったのが、彼女の体質の検証番組。残された検証の結果には、「痩せの大食い」を解き明かすヒントが豊富なのです。

検証で分かったのが、ギャル曽根ちゃんは、食べ物の消化スピードが異常に速いということ。普通、食べ物を摂取してから排泄するまで、24時間〜48時間掛かりますが、彼女の場合、およそ半日で排泄されてしまうのです。また、排泄物を調べると、食べ物がそのままの形で混じっていたり、食べたもの全てを消化・吸収せずに、排泄していることも分かりました。

口から食べたものは、歯で噛み砕かれて唾液で分解され、胃で更に消化・吸収され、小腸で残りの栄養分を吸収し、大腸で水分を吸収され、排泄物になるという一連の経過をたどります。
ギャル曽根ちゃんの「食べてから出るまでが早い」というのは、それだけ体内での食べ物の停滞時間が長いことを指し、食べ物がそのままの形で排泄されることが多い事からも、全ての栄養が吸収されていないことが予測されます。

これだけだと、家族全員痩せの大食いと言う「曽根家の体質」の問題。になりますが、後天的に痩せの大食い体質になれる方法があったのです。

それは「褐色脂肪細胞」の働きを活発にする。という方法。

褐色脂肪細胞とは、名前こそ脂肪細胞ですが、余分なエネルギーを蓄える(一般にいう)脂肪と違って、エネルギーを使う脂肪。褐色脂肪細胞は、全身につく脂肪ではなく、背中・わきの下・腎臓周辺に限局しています。
この褐色脂肪細胞の働きが活発な人=エネルギーの消費が活発で太れない人(痩せの大食い)だったのです。

もちろんギャル曽根ちゃんも、サーモグラフィ検査で褐色脂肪細胞の働きが盛んなことが判明しました。


さて、後天的に痩せの大食い体質になる方法、つまり褐色脂肪細胞の働きを活発にする方法ですが、褐色脂肪細胞は低い温度で活性化することが分かっています。つまり、褐色脂肪細胞のある背中・わきの下・腎臓を冷やしながら運動すると褐色脂肪細胞が活性化されるのです。

例えば水の中で行う水泳や、雪の中で行う、スキー・スノーボードなどが挙げられます。

痩せの大食い。消化吸収しにくい身体になるのは無理でも、エネルギーを消費し続ける身体になることは可能だったのです。(ダイエット通信)
ダイエットにはこれがお勧め!



 ギャル曽根ちゃんの消化のスピードが速さの元となるのが、ビフィズス菌などの善玉菌(腸内細菌)が一般人よりも多く腸内に存在しているようです。
 ヨーグルトや納豆を積極的に摂ることで腸内環境を改善し、善玉菌を増やすこともダイエットには重要なようです。

 また褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼させるカマドであるミトコンドリアを豊富に含んでいます。これと同じで有酸素運動などの低負荷で鍛えられる遅筋もミトコンドリアが多く存在しているので、遅筋を増やすようにしておけば太りにくく痩せやすい体質になれるのです。


ランキングへの応援クリックもお願いします^^
↓        ↓       ↓  
【人気ダイエット】 【ダイエットブログ村】 【FC2ダイエット】



【関連ページ】人気ランキングup2.gif
【マフェトン理論】a theory of Maffetone
【有酸素系機構】aerobic energy system
年齢によって太る場所が違う! 効果的な部分ヤセの方法とは?
ダイエットなどに効果ある“α−環状オリゴ糖”の健康食品
Ranking | 最新ニュース:ダイエット法| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
そよかぜ村のたかひろ おはようございます。たかひろです。
褐色脂肪細胞とビフィズス菌
二つがそろって活発に活動してくれれば
鬼に金棒ってことかな?
気がつくとヨーグルトなんて、
ここ数日食べてないなぁ。
ギャル曽根めざすぞー!
(じゃなくて、太りにくい身体をつくるぞー)
Posted by そよかぜ村のたかひろ at 2008年10月23日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。