人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

【内臓脂肪】internal fat

  皮下に溜まる皮下脂肪に対し、お腹の中に溜まる脂肪をいう。皮下脂肪は目に見えて触れるのに対し、地味でステルスな脂肪。
 主な蓄積場所は腸間膜。これは腹腔内で小腸を吊り下げている膜で、そのまわりに体脂肪がベッタリつくのです。したがって、お腹が内側から大きく膨れたリンゴ型肥満の人は内臓脂肪が過剰に溜まっている危険が高い。また内臓脂肪が溜まり過ぎた内臓脂肪型肥満は、中年の男性に多いです。女性ホルモンの影響で、女性は皮下脂肪が溜まりやすいが、逆に男性は筋肉量が多くその熱源になる内臓脂肪を溜めやすい。
 内臓脂肪は皮下脂肪に比べ、生理的活性物質を多く作るので溜めやすく出しやすい。内臓脂肪が分解されてできる遊離脂肪酸は、ふつうは肝臓で粛々と代謝されています。しかし内臓脂肪が多過ぎると、大量の遊離脂肪酸が一度に肝臓へ殺到して、結果的に体内の脂肪代謝を狂わせてしまう。それが、動脈硬化、心臓病、糖尿病、高血圧といった生活習慣病の引き金になりかねません。
 内臓脂肪を減らすには、腹筋などの筋トレではなく、遊離脂肪酸を使う有酸素運動(エアロビクス)が効果的なのです。


【関連商品】内臓脂肪計、有酸素運動
タニタ 体組成計 インナースキャン BC-519-IV タニタ 内臓脂肪計 TF-102DB

キャッシュバック付☆ハリウッドセレブ御用達
ビリーズブートキャンプ






【関連ページ】
【皮下脂肪】subcutaneous fat
【脂肪】fat
【メタボリックシンドローム】metabolic syndrome


TOP健康医療フィットネスダイエットアンチエイジング検索
Ranking | カラダ:器官・組織| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。