人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

【グリコーゲン】glycogen

  動物の体内に吸収されたブドウ糖が、肝臓や筋肉に蓄えられるときに作られる化合物。日本語では糖源とも呼ばれる。成人の肝臓にはグリコーゲンが100〜150g、筋肉には200〜250g含まれていて、そのつど必要に応じて分解され、ブドウ糖となってエネルギー源として利用される。食物として摂取する場合、貝類に特に多く含まれる。
 たとえば消化吸収された炭水化物もブドウ糖となり、グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられ、必要に応じて運動時エネルギー源として用いられる。そして過剰に摂取されたものは体脂肪に変換されるシステムとなっています。
 糖分の貯蔵手段としてはほかに、脂肪とアミノ酸という形によるものがある。脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違い、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解できるという利点がある。ただし、脂肪ほど多くのエネルギーを貯蔵する目的には向かない。肝臓で合成されたグリコーゲンと筋肉で合成されたそれとでは分子量が数倍異なり、前者の方が大きい。
「グリコーゲン」をfitnessrankingでも検索する


【関連商品】グリコーゲン
ザバス(SAVAS) グリコーゲンリキッド 275g  


【関連ページ】
【インスリン】insulin
【血糖値】blood sugar
【体脂肪】body fat
【脂肪酸】fatty acid
【アミノ酸】amino acid
【ブドウ糖】glucose


TOPフィットネス健康ダイエット健康法検索
Ranking | カラダ:生体物質・生理活性物質| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。