人それぞれ理想も目的も目標も違う
『カラダ・デザイン用語事典』は
うまくいかない人、悩んでいる人の指針となる至高のブログを目指します☆
キーワードから探す
トレーニング  ダイエット  YouTube  動画
健康と医療 五大栄養素   三大栄養素   脂質   糖質   タンパク質  
脂肪   脂肪細胞   脂肪組織   炭水化物  
単糖類   多糖類   ブドウ糖   化合物   有機化合物  
ホルモン   ペプチドホルモン   エネルギー   エネルギー源  
ミトコンドリア   インスリン   ステロイド  
ストレス   栄養   血液   血液サラサラ   血糖値低下  
健康食品   抗酸化作用   コレステロール   高血圧   心疾患  
代謝   糖尿病   頭痛   動脈硬化   骨粗鬆症   熱中症  
フィットネス エアロビクス   エクササイズ   スポーツ   トレーニング  
筋トレ   筋肉   筋肥大   乳酸   疲労回復  
運動   有酸素運動   フィットネス  
サプリメント  ビタミン   脂溶性ビタミン   水溶性ビタミン  
ミネラル   アミノ酸   クエン酸   コエンザイムQ10  
コラーゲン   グルコサミン   コンドロイチン  
食品   サプリ  
ダイエット カロリー   肥満   内臓脂肪   脂肪燃焼  
ビリーズブートキャンプ   チョン・ダヨン  
メタボリック   トクホ   特定保健用食品   ダイエット  
ビューティー セルライト   アンチエイジング   若返り   老化防止  
新陳代謝   代謝促進   体内浄化   血液サラサラ  
美肌   美容   目のクマ   便秘   冷え性  
ランキング   すべてのキーワードを見る

【TCAサイクル】tricarboxylic acid cycle

  筋肉のエネルギー源となるATPを、有酸素の状態で生成し供給する重要な回路。1937年にドイツの化学者ハンス・クレブスが発見した(この功績により1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞)。一般的にはクエン酸回路(Citric Acid Cycle)と呼ばれる。その他に、TCA回路、トリカルボン酸回路、クレブス回路(Krebs cycle)などと呼ばれる場合もある。
 グリコーゲンを分解してエネルギー源とする解糖系に比べ、エネルギー供給速度は遅い。しかし、同量の糖質から約12倍のATPを供給することができるため、持久的運動のエネルギー供給回路となる。
 この反応は細胞のミトコンドリア内で行われ、まずはじめにアセチルCoAが、解糖反応で生じたピルビン酸や脂肪酸を受け入れて始動、回路が1回まわるごとに15分子のATPを生み出す。
 ところで、ここで注目しておきたいのは、脂肪酸が使われるという点。無酸素的エネルギー供給系ではクレアチンリン酸やグリコーゲンが使われたが、ここで初めて脂肪酸が初登場する。よく「有酸素運動で痩せる」といわれるのはこのためだ。

 TCATCN.gif

この輪っかが1周すると、脂肪も糖も水と炭酸ガスに。
輪の内側の「C」がついた数字は、反応の途中で現れる物質の炭素原子数。回路が1周するごとに水素原子8個が酸化系に回され、結局15個のATPを生む。こうして糖も脂肪も水と二酸化炭素になってしまう。ヒトのカラダって、本当にエコロジカルだ。




【関連ページ】
【ATP】adenosine triphosphate
【ミトコンドリア】mitochondria
【脂肪酸】fatty acid
【ピルビン酸】pyruvic acid


TOPフィットネス健康ダイエット健康法検索
Ranking | カラダ:生化学| edit
このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47696987
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
↑ TOP へ戻る ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。